2007年08月01日

外国産のドングリの木

関東地方の梅雨が明けたそうです。
今日は昨日よりよく晴れて、また一段と暑くなりました。
子どもらが中途半端に家に居るもので、気になってなかなか出掛けられませんが、
今日もそのすきまを付いてほんの少しだけ、公園を歩いてきました。
07_0801_oak1.jpg
いつもおさんぽする公園には、ところどころに園芸種が植えられていて、
私の持っている 自生種中心の図鑑には 載っていないことがあるんです。
そういうのって、名前探しに苦労するんですよ。

とある一画に植えられているのも、そんな園芸種の公園樹。
おそらくは、外国産のドングリの木なんです。
しかも多分、葉っぱの形の違う2種類の木が植えられているようなんです。

そこはかとなく漂う舶来物の雰囲気が好きで、よく見あげるのですが、
名前はずっと不明のままでした。
でも、今年、その内の一本の木に実が付いているのを見つけました。

続きを読む


posted by はもよう at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。